アフター・スクール

ヘロQの公演が終わったので久々に映画に。
大泉洋さん主演の映画「アフタースクール」を観に行きました。
脚本がしっかりした非常に良い映画で、驚いてしまいました。
観に行った理由は、大泉さんが主演だからという安易なものでしたが、
その他の主演陣の堺雅人さんも、佐々木蔵之介さんも好きな役者さんだったので
はじめて劇場予告を観たときから、観たいとは思ってました。
「cut」などの特集でもかなり期待度は高まっていましたが、
想像以上に僕好みの映画で驚きました。
ただ、全体的に、展開や画面が地味で、というか淡々としていて
コメディーとしてみるなら、笑いが少ない印象でした。
「せっかく大泉さんなんだから、もっと大泉さん的なシーンが観たい!」
っていう部分があったんですが、
逆に変にギャグや画面の派手さに走りすぎずに
脚本の良さをあっさりと見せてくれる手法が良かったというか
好感が持てる感じでした。
(凄く上からな映画評になってしまった!申し訳ありません)

監督脚本を担当されているのは、「内田けんじ」さんという方で
「運命じゃない人」を撮られた方ということ。
「運命じゃない人」は、公開時に観に行こうと思ったんですが、
ぴあの紹介に「恋愛したい人のための映画」
みたいなことが書かれていたので、止めてしまった覚えがありました。

映画館を出て、そのままTSUTAYAにいって「運命じゃない人」のDVDを購入。
家に帰って早速見ました。
で、ビックリ「アフタースクール」に負けず劣らず緻密に作られた脚本。
素晴らしい裏切りや、入れ違いが展開されているのですが、
「アフタースクール」に輪をかけて地味。
役者から画作りから、一瞬たりとも派手な部分がありませんでした。
もちろん、それが悪い訳じゃなくて、むしろ良い部分なのですが、
コメディー映画とは言い難いほど、あまりにも淡々と
ストーリーが展開していきます。
「そりゃあ、ぴあでもなんて表現したらいいかわかんないや」
と思ってしまいました。
あ、ちなみにこのDVD。
パッケージ裏が相当ネタバレなので、観ない方がいいです。
僕は観て失敗してしまいました。

とにかく内田監督という方は、これを撮りたい人なのあれば
「アフタースクール」はかなりがんばって、
派手な映画を作ったんだと勝手に思ってしまいました。

「モンティーパイソン」や「俺たちフィギュアスケーター」のような
とにかくバカなギャグが続くコメディーも素敵ですが、
たまにはこんなおしゃれで、土台のしっかりしたコメディーもいいですね。
内田監督、ファンになりました。
[PR]
by poaroman | 2008-05-28 01:22 | 映画
<< ザ・マジックアワー no future… >>



POARO 伊福部崇の雑記です。
by poaroman

カテゴリ

以前の記事

ブログパーツ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧