no future…


1月に気まぐれで始めてみたブログ。
不定期更新とはいえ、今回で2つめの記事とは。
ちなみに多分、このブログはまだ誰も発見していないようです。

さて、2月17日をもって、「no future…」の新宿ONE店が閉店しました。
今後は一応、6FのKERAショップにスペースが残ると言うことですが
新作が出るか、更に言うとブランド自体の存続も不明だとか。
感慨深いモノです。

僕がはじめてno futureの服を買ったのはいつだったんだろうか?
多分もう10年近く前になると思います。
ようやく洋服にお金が使えるようになり、パンク系の服にはまりだした頃で、
ガーゼシャツなんかもよく着てました。
他にも「BA-TSU」や「MILK BOY」なんかの
ラフォーレ系の服を多く着ていたのですが、2000年頃でしょうか
いつの間にかラフォーレから「MILK BOY」がなくなり「BA-TSU」も
カジュアル系になって、困っていました。

その頃、何となく立ち寄った、当時まだ青いビルだったマルイワン新宿。
室内なのに傘を差してるロリータ系の女の子や
全身「FOTUS」を着こなしてまるで未来人のようになってる人を見て
驚いたのを覚えています。
そんな中「no future」というブランドで見つけた
薄手のライダースジャケットに一目惚れしました。
赤いラインに黒いフェイクレザーのシングル。
「最後の一枚なんです」
って言葉に後押しされて、すぐさま購入しました。

それからは、服を殆どマルイワンで買ってました。
「h.naoto」「T.Kunimoto」「gouk」「FINAL HOME」「¥jeans」「beauty:beast」「SEX POD」「Union Jack」「Jean-Paul Gaultier」
特に「no future」は、当時毎日のように通っていました。
店内にある殆どの服を買ってしまって、もう新たな服は出てないはずなのに
それでもなぜか行ってた覚えがあります。

そうこうしてると、いつの間にかポアロライブに来るお客さんや
僕の廻りのスタッフなんかにも「no future」を着てる人が増えてきました。
もちろん「no future」というブランド自体が売れてきたというのが
一番の理由だと思いますが、自分の好きなブランドがどんどん浸透していくようで
楽しかったのを覚えています。
特に当時、現場で森久保さんと一緒になる時は、服がかぶってしまうことが多く
なるべく「no future」を着ないようにしていました。

その後、マルイワンが、マルイYOUNGの中に入って「h.naoto」がなくなったりして
ほとんど着るものが「no future」になってました。
単純に新しいブランドを探すのがめんどくさいというのもあったんですが……

それから10年近くずっとお世話になった「NO FUTURE」。
「NO FUTURE」は僕の青春を彩ってくれました。
今まで本当にありがとうございました。
[PR]
by poaroman | 2008-02-17 23:03 | ファッション
<< アフター・スクール 俺たちフィギュアスケーター >>



POARO 伊福部崇の雑記です。
by poaroman

カテゴリ

以前の記事

ブログパーツ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧