伊福部崇の2011年劇場で映画100本観るぞ企画 結果報告2

(1からの続き)

60「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」7/2
「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」観ました。基本的に作りは前作と全く一緒。でも非常に楽しめました。要するにこの映画って作りがコントだから2もそのまま楽しめるんだろうなと。ドリフやごっつのシリーズコントのようにギャグが変わってればそれだけで新鮮という…

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」追記:前作のインパクトがあったので僕としては前の方が若干好きかもしれませんが、続編としては全然アリでした。この形だったらきっとパート100くらいまで作れそうなので「寅さん」シリーズみたいに毎年あればいいのにと思いました!

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」追記2:前作は昨年の僕的1位映画でしたが、今回もかなり上位に入りそうです! 因みにこれが50本目だと思っていましたが意外と60本目でした。100本計画このままマキ進行でいけそうです!

61「SUPER8」7/4
「SUPER8」観ました。色々と懐かしい感じの映画でした。E.Tを期待すると物語の根幹が違うので、迷ってしまうかもしれません。でも、スピルバーグ的な大人になっていく少年の青春感がすごく出てるいい映画だと思いました。

62「チョン・ウチ 時空道士」7/9
「チョン・ウチ 時空道士」観ました。元となっている韓国の古典を全く知らなかったので、理解できない部分も多かったのですが、雰囲気と会話で楽しめました。あと、最近色んな映画でよく見るユ・ヘジンの顔はかなり面白かったです!


63「アイ・アム・ナンバー4」7/10
「アイ・アム・ナンバー4」観ました。ヒーローモノと言うよりあくまで青春群像として描かれていたことに好感が持てました。あと、主人公が飼ってる、ビーグル犬が可愛かったです。僕も実家で昔ビーグル飼ってたので。

64「ちいさな哲学者たち」7/21
「ちいさな哲学者たち」観ました。子供達がそれぞれに個性的な意見を持ってて可愛かったです。もっと子供ならではの鋭い指摘とかがあるのかなとも期待してましたが、そこまで強烈なモノはなく淡々と進んで行く感じでその当たりも含め、まさにフランス映画っぽいドキュメンタリーでした。


65「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」7/21
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」観ました。観る前は結構苦手な題材のドキュメンタリーだったので、大丈夫かなと不安だったのですが、映画として非常に楽しめました。驚くべき所に辿り着くドキュメンタリーで、アートがテーマなのにある種、アート批判みたいな所もあって興味深かったです。


66「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」7/28
「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」観ました。正直いうとハガレンは、漫画もアニメも殆ど観たことなかったのですが、楽しめました。アクションシーンが派手でそれだけでも楽しいのですが、本筋がわからなくてもそれなりにストーリーもいつの間にか裏切られたりしつつ見入っていました。

67「大鹿村騒動記」7/28
「大鹿村騒動記」観ました。故原田芳雄さんの遺作として注目されてますが、それを抜いても名作でした。とにかく大御所の俳優陣の演技力に圧倒されましたし、群像劇コメディとしても良い映画でした!今年観た中で、10位に確実に入る映画でした。特別価格で1000円で観られますしオススメです!

68「コクリコ坂から」7/28
「コクリコ坂から」観ました。正直「ゲド戦記」で下がりまくったハードルのおかげもあってか、凄く良かったです。とにかく雰囲気のある映画でした。僕としては「三丁目の夕日」のCGで作られた昭和より絵で描かれた昭和の方がより昭和らしさを味わえるなと思いました。どうせ知らない昭和ですからね。

69「復讐捜査線」8/7
「復讐捜査線」観ました。中身は割りとよくできたサスペンスでしたが。なによりもメル・ギブソンがもうおじいちゃんになってることに驚きました、時の流れは残酷ですね。

70「メカニック」8/16
「メカニック」観ました。チャールズ・ブロンソン主演作のリメイクということでしたが、元作品を観ていない僕でもとても楽しめました。ジェイソン・ステイサムは、禿げてるのにホントかっこいいですね。彼のアクションはフサフサです! 物語もオーソドックスながら良くできていると思いました。

71「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」8/16
「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」観ました。これが僕らが子供の頃から愛してた「こち亀」かどうかは別として良くできている作品だと思いました。一人として悪人が出てこない作りは、とても好感が持てました。あと子役の川島鈴遥さんが可愛かったです。

72「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」8/27
「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」観ました!大好きなウィル・ファレルの新作ということで楽しみにしてました!なかなか日本では観られない完全コメディ映画素晴らしいです!日本人には少し解りづらいギャグもいくつかありましたがウィル・ファレルの顔観てるだけで笑えるんでOKでした!

73「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」8/27
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」観ました。今回は完全にエイリアン映画。これまでの2作での積みがあったので出来ることだなと思いました。いきなり1作目でこれだったらトンデモ映画だったなと。あとハリウッドのCGは凄いです!正直予告で出てた日本の某CG作品が悲しく見えました。

74「ナッシュビル」8/27
「ナッシュビル」観ました。僕が産まれた年に制作された映画でしたがとても楽しめました。これぞ群像劇という作品で、オーラスの出来事までは、殆どこれといった出来事が起きないのに、キャラクター性で3時間近く観れちゃいました。昔の米映画ってフィルムの感じとかそれだけで雰囲気があります。

75「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21の コアメダル/海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」8/28
「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21の コアメダル/海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」観ました。お祭り騒ぎで楽しかったです!時代劇の人の殺陣は派手でかっこいいとか、やっぱ宇梶さんはウィル・ファレルと同一人物だなとか関係ないこと考えながら観てました。

76「スーパー!」8/29
「スーパー!」観ました。なにかと「キックアス」に比べられてしまう本作ですが、僕はキックアスより好きでした。「キックアス」+「タクシードライバー」みたいな作品でしたが、「キックアス」より映画的なエンターテイメント演出がない分、主人公に感情移入できる作りで良かったです。


77「ゴーストライター」8/29
「ゴーストライター」観ました。想像より意外とオーソドックスなサスペンスでした。僕がCIAとか、大統領制とかが身体で理解できる文化圏の人間だったら、もっと引き込まれたんだろうなぁと少し残念でした。あとピアース・ブロスナンももうおじいちゃんなんだなあということに少しビックリしました。

78「探偵はBARにいる」9/10
「探偵はBARにいる」観ました。ハードボイルドと大泉洋さんという一見、食い合わせが悪そうな世界観が見事にマッチしていて素晴らしかったです。大泉さんは大泉さん的な役柄を素晴らしく昇華していました。物語自体も「アフタースクール」とは、違う意味で緻密で良かったです。

「探偵はBARにいる」:追記
松田龍平さんも今まで見たどの松田龍平より素敵だったと思います。また、探偵役っていうのもあって、大泉さんが松田優作に見えるところも少しあった気がします。初日舞台挨拶付きの上映を観たのですが、大泉さんはいつも通りで、大変だろうなぁと思いました。あと、西田敏行さんのコメントが滑り知らずでした。


79「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」9/12
「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」観ました。この3人にもギター自体にも殆ど思い入れのない僕でしたが、楽しめました。プロとして3人が共感する部分や音楽やギターについて語ってるときの表情が素敵すぎでした。

80「レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳」9/17
「レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳」観ました。「怒りの鉄拳」シリーズはリーのヤツしか観たことありませんでしたが楽しかったです。ドニー・イェンのアクションはホントかっこいいです。48歳というのを知ってビックリしました! あとドニー・イェンは良く日本人と戦ってますね!

81「はやぶさ/HAYABUSA」10/16
「はやぶさ」観ました。演出側のプランだと思うのですが、キャラの過剰なディフォルメ芝居に一寸あてられてしまいましたが、ノンフィクションの半ドキュメンタリーとしては、適度に知識欲も刺激され面白かったです。はやぶさの話自体が浪花節で演歌なストーリーなので感情移入もし易く良かったです。

82「電人ザボーガー」10/16
「電人ザボーガー」観ました。正直言うと前半の第一部は、あのわざとですっていうパロディ感がしゃら臭く感じてしまったんですが、板尾さんが出てきた途端に全てが笑いとして成立してきちんとコメディーになって、とても笑えました。

「電人ザボーガー」追記:板尾さんの映画全てを内包する存在感というか空気感にただただ圧倒されました.あと関さんが出てたらしいんですがナレ以外気づかなかったので本人に電話で教えて貰いました。

83「猿の惑星:創世記」10/20
「猿の惑星:創世記」見ました。非常に良かったと思います。古典の前談を作るというのは面白い作業だなと思いました。色々出来そうですね。「ヤングドク」とか観てみたいです。何がというのは説明しづらいのですが、オーラスの展開に若干違和感を感じてしまいましたが、職業柄でしょうか? 

84「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」10/20
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」観ました。「キャプテン・アメリカ」という題材を使って作られた映画としては100点といって良いほどのシナリオなんじゃないでしょうか? 色々な問題を上手く回避したシナリオに出来上がっていて、良かったです。

85「モテキ」10/20
「モテキ」観ました。とてもいい作品だと思いました。ものすごく共感できるところと、全く共感できないところと色々ありましたが、きちんとエンターテイメントとなっていて良かったと思います。今まで殆ど「モテキ」に触れていませんでしたが、今回観て良かったです。

「モテキ」追記:この作品が非常に良い作品だということ前提の話ですが、僕たちの青春ってもう、「サブカル」って名前がつけられて商売になってしまってるということに改めて気づかされて少し寂しさを感じました。よく考えたら僕自身もそれで商売してる側かもしれないということも含めてですが……。

「モテキ」追記2:「サブカル」って言う言葉が便利すぎるだけなのかもしれませんが。かゆいところに手が届く感じが、逆に悲しいというか……。リアルタイムで青春だったときは、自分こそ唯一無二だと思っていたんですが、お金になるくらいだから本当はそうでもなかったんだなぁと思いました。


86「カウボーイ&エイリアン」10/29
「カウボーイ&エイリアン」観ました。思っていたよりウエスタンなお約束などもちゃんと抑えた非常に真面目な映画でした。未だに元気なハリソン・フォードおじいちゃんとダニエル・クレイグの肉体美を観るだけでも価値のある映画だと思いました。

87「ステキな金縛り」10/29
「ステキな金縛り」観ました。素晴らしかったです。三谷作品というだけで上がりきっているハードルをちゃんと越えてくれる作品でした。個人的には三谷さんってあんまり自分の作品で非現実的なことはしないのかなって思っていたので、今までと毛色が違うかもと思ってましたが、ちゃんと三谷作品でした。

「ステキな金縛り」追記:何よりも西田敏行さんがやりたい放題で非常に楽しそうでした。西田さん以外にも中井貴一さんしかり深津絵里さんしかり、やはり三谷作品にレギュラー出演される方はコメディー役者としての力が凄いなと感じました。伊東四朗さんの落ち武者も観てみたかったなとも思いました。

「ステキな金縛り」追記2:脚本に関してももちろん素晴らしかったです。もし三谷作品ではなかったとしたらとシミュレーションしながら観ていましたが、そうであれば完成度に相当驚くだろうなと。ということは、三谷作品というだけで、脚本に望むものは随分上がってるんだと、自分でも驚きました。

「ステキな金縛り」追記3:やはり、三谷さんにはこういういい意味で下らない(というか最終的に何も残らなくてもいい)コメディーを作り続けて欲しいなと改めて思いました。

88「DOG×POLICE 純白の絆」10/31
無駄に犬が死ななくて良かったです。市原隼人くんは超熱かったです。あと、戸田恵梨香さんは凄く好きなんですが今回も可愛かったです。

89「シャッフル」11/2
「シャッフル」観ました。設定がイマドキすぎな感じだったので、不安な部分もありましたが、元々、舞台のお話だっただけに、ストーリーはとても練られていて良かったです。舞台でも観てみたかったな。あと金子ノブアキさんがすごく良かったです。


90「モンスター上司」11/5
「モンスター上司」観ました。とても素晴らしかったです! 前半はただギャグが連なるだけの展開なのかなとも思っていたんですが。中盤以降ちゃんと3人の物語が絡み合ってきて、立体的にコメディを楽しめました。

「モンスター上司」追記:脚本も良く出来ていたし、セリフのセンスもケビン・スペイシーはじめ、役者の皆さんの芝居も非常に良かったです。いいコメディに出会いました。タイトルに「俺たち」が付いていないのも結局好感が持てました。

91「スマグラー おまえの未来を運べ」11/10
「スマグラー おまえの未来を運べ」観ました。原作を全然読んだことがなかったので、想像と全く違う映画でビックリしました。安藤政信さんはとにかく格好良かったです。


92「カイジ2~人生奪回ゲーム~」11/10
「カイジ2~人生奪回ゲーム~」観ました。今回は「沼」に終始していたので、まとまっていて観やすかったです。原作ファン?としては一条が感情むき出しなところが非常に良かったです。利根川が大活躍で凄かったです。

93「指輪をはめたい」11/23
「指輪をはめたい」観ました。山田孝之さんは前からとても好きな俳優さんだったんですが、こんなことも出来るんだなぁと感心しました。

94「スクリーム4」11/23
「スクリーム4」観ました。3までを観直していなかったので、不安だったのですが、楽しめました。観ていた方がより楽しめると思いますが。久々のスクリームの世界観堪能しました! あの見事な構成力は4でも健在でした! 素晴らしかったです。

95「第7紘区」11/24
「第7紘区」観ました。韓国のSFってあんまり観たことがなかったので新鮮でした。

96「ミッション:8ミニッツ」11/24
「ミッション:8ミニッツ」観ました。脚本が良く出来ていると思いました。設定生かしてコメディにしたら色んなこと出来そうだなとも思いました。あとヒロインのミシェル・モナハンは、凄くビョークに似てました!「デューデート」にも出ていましたね!

97「マネーボール」11/25
「マネーボール」観ました。「ソーシャルネットワーク」の製作チームだけに全く飽きさせない作りは流石でした。 ビリーの立場もおじいちゃんのスカウト達の立場も凄く共感出来て個人的に身につまされる気持ちになりました。

98「映画 怪物くん」11/27
「映画 怪物くん」観ました。ちゃんと子供向けの映画になっていて良かったと思います! 小さな子が映画に興味を持つきっかけになってくれれば素敵だなと思いました。脚本はもちろん西田さん! 素晴らしかったです!

99「クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~」11/27
「クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~」観ました。今回は拡大ロードショーだし、前作の続編という形になっていないのは逆にとても好感の持てる作りでした。ただ、僕は前作のシナリオと構成が好き過ぎたので、その辺が若干残念でしたが。芸人さん映画もっと増えて欲しいです!

100「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」11/27
「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」観ました。様々な愛に溢れた映画でした。僕自身、そこまで忌野清志郎さんに思い入れのある人間ではないんですが後半、仲井戸麗市さんが雨上がりのイントロを弾き始めたくらいから、ずーっと止めどなく涙が流れていました。

「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」追記:清志郎さんが亡くなっているからとか、そういうのは全く関係なく素敵な映画でした。実はこの映画が、僕の2011年劇場で映画100本計画の100本目の映画でした。本当に100本目にふさわしい素晴らしい映画でした。

「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」追記2:正直ここまで期待していなかったのでまさかこんなに泣くとは思いませんでした。何で泣いたのかは、自分でも若干謎なんですが映画でこんなに泣いたのは、『ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜』の「人はいつ死ぬと思う?」のシーンか「笑いの大学」の「お肉のために」のシーン以来だったような気がします!

101「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」12/1
「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」観ました。さすがスピルバーグといった感じでした。
原作が古典なだけによく練られていたし、なによりピタゴラスイッチ的な展開がさすがでした!


102「ピザボーイ 史上最凶のご注文」12/4
「ピザボーイ 史上最凶のご注文」観ました。思ったよりコメディではなかったのが残念でしたが、楽しめました。カーチェイスのシーンで「ビバリーヒルズ・コップ」の「ヒート・イズ・オン」が流れてきたのがツボでした!


103「いちご白書」12/8
「いちご白書」観ました。自分の世代ではない名作をニュープリントデジタル・リマスターで見せてくれる企画は凄く嬉しいです。僕の時代で生きていたら解らない親の世代の青春を感じられて嬉しかったです。「ぼくらの七日間戦争」や押井作品など僕らにしみこんでいるものの原点を観た気分になりました。


104「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」12/9
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」観ました。公開してかなりたってから観に行くことになりましたが、
見逃さないで良かったです。本当にしっかりエンターテイメントになっていたし、もっと売れても良かったのにという印象でした。ミラ・ジョヴォヴィッチって本当に綺麗ですね。


105「50/50 フィフティ・フィフティ」12/9
「50/50 フィフティ・フィフティ」観ました。僕の大っ嫌いな「死」を題材にした映画だったんですが、全然お涙頂戴になってなくて、凄く良かったです。改めて僕は感動させようと思ってる作品が嫌いみたいです。セス・ローゲン演じる友人カイルが非常に素敵な役所で大好きでした。

106「スウィッチ」12/10
「スウィッチ」観ました。「アパート交換サイト」という言葉以外、非常にオーソドックスな設定のサスペンスですが、展開が早く、観ていて全然飽きませんでした。脚本が良くてとても良作だと思います! 警官とのチェイスシーンが急にベタなコメディ要素が入っていたのは、驚きましたが良かったです。

「スウィッチ」追記:以上のような話を、ぴあの出口アンケートで答えたので、ぴあ映画生活のサイトにアップされるかもです。因みに85点つけました。

107「リアル・スティール」12/10
「リアル・スティール」観ました。正直そこまで期待していなかったんですがとても良かったです。ハリウッドにありがちな、無機質なロボットと少年の心の交流&離れて暮らしていた父子の愛情話なんですが、いい意味できちんとバランス良く作れば未だに観やすい作品は出来るという模範的な作品でした。

108「新少林寺/SHAOLIN」12/14
「新少林寺/SHAOLIN」観ました。まさに現在の撮影技術で蘇った少林寺といった感じでした。大好きなニコラス・ツェーは、悪役でしたが凄く格好良かったです!あと、ジャッキーは今回もジャッキー丸出しでした!

109「ゾンビ処刑人」12/15
「ゾンビ処刑人」観てきました。元々別の映画を観る予定だったので、普段は見る機会がないジャンルでしたが楽しめました。もっとバカホラーコメディなのかと思ってましたが、かなり重い話で意外でした。

110「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」12/19
「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」観ました。今回お祭り感はあまりなかったですが、その分、ストーリーが充実していました。フォーゼとオーズのパートが別れていてリンクしてる作りは、非常に観やすくて世界観もぶれないので良かったです。

111「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」12/28
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」観ました。シリーズは殆ど未見だったのですが、楽しめました。エンターテイメントとしては完璧といっていいほど、全てが詰まってる作品でした。様々なスパイアイテムは男の子の大好物ですね。

112「宇宙人ポール」12/29
「宇宙人ポール」観ました。「ホット・ファズ」の二人の新作ということでしたが、前作よりわかりやすくパロディで
バカ度はかなり上がってました! 宇宙人ポールの性格付けが極端すぎなくて凄く良かったです。あと狙いすぎのキャスティングは悔しいけど笑ってしまいました!

113「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」12/30
「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」観ました。ヨーロッパらしく、とにかくおしゃれな作りのドキュメンタリーでした。おそらく業界において神様的な存在であるフェランを、必要以上にカリスマに描かないあたりも良いなと思いました。

114「ワイルド7」12/30
「ワイルド7」観ました。何よりも一番驚いたのは、絶対出てそうなのに香川照之さんが出ていないことでした。演出で飽きさせないようにしていたりしていて良いなと思いました。ところで、こういう映画をわざわざ観に行って、文句言う人ってなんなんだろう?ってネットの映画評観て少し思いました。

115「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」12/31
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」観ました。こういう映画は、勉強になったとか感動したとかじゃなくて「面白かった」っていうのが、評価になるのかどうかわからないので、なかなか感想が言いづらいのですが、とにかく観ていて飽きない映画でした。

116「CUT」12/31
「CUT」観ました。とにかく最初から最後まで映画愛に溢れた作品でした。僕は娯楽映画も大好きなので、完全に共感するわけではありませんが素敵な表現だと思いました。2011年映画100本マラソンのラストにふさわしい映画でした!

「CUT」追記:因みに、本日シネマート新宿で、「CUT」のアミール・ナデリ監督がいらっしゃってサイン&撮影会があり、僕もパンフレットを購入したので、サインをいただいたのですが、はじめ間違って「山本五十六」のパンフレットを出してしまいました。ナデリ監督に若干笑われました(笑)


各種データ
最終的に観た本数       :116本
116本中 純粋コメディ作品  :13本
116本中 ドキュメンタリー作品:12本
116本中 アニメ作品     :8本


次の記事では、この中から僕の勝手なベスト30を載せたいと思います!
あくまで個人的な感想によるランキングなので、皆さんの感想とは
著しく違うかもしれませんが、ご了承下さい。
[PR]
by poaroman | 2011-12-31 20:20 | 映画
<< 伊福部崇の2011年劇場で映画... 伊福部崇の2011年劇場で映画... >>



POARO 伊福部崇の雑記です。
by poaroman

カテゴリ

以前の記事

ブログパーツ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧